エニアグラムで自分を診断してみよう!

スポンサーリンク

 

 

エニアグラム。

 

ミレニアムでもグランドスラムでもインスタグラムでもない、

 

エニアグラム。

 

 

簡単に言えば、自己診断みたいなもの。

 

ボク、こういうの大好きマンなのよね。

 

新年も無事に迎えたことだし、いっちょ自分のことを知ってやろうじゃんね??

 

 

ってことで、やってみたよ。

 

 

エニアグラムとは

 

って人ー?

 

 

はぁーーーーーーーーーい!!

 

 

うん、わかる。

 

ボクも理解してなかった。

 

何か名前カッコイイな、くらいだった。

 

っていうか、さっき知ったと言っても過言じゃないレベル。

 

 

改めて調べてみたら、元は図形の名称らしく、

 

丸を九等分してそれぞれを線で繋いで作図した時にできる何かカッケェ図形

 

のことらしい!!

 

 

何言ってるかわからないよね??

 

 

ボクもだよ。

 

 

まぁ、

 

 

その『九等分』というところから来たのか、

 

人の特性を9つのタイプに分けると、その内のどれか一つには当てはまるんだぜ? 凄いよな?

 

って診断なわけです。

 

そして、タイプが9つに分けられてはいますが、どれが1番良くて、どれが一番悪いとか、そういうのはないみたい。 ナンバーワンじゃないオンリーワンさ。

 

例えるなら、「火属性」か「水属性」か「草属性」か、みたいなところ、ある。

 

みんな違ってみんな良い!!

 

ということで、自分がどのタイプなのか、どういう性質を持っている人間なのかを知ることで、

 

自分の強みを探していこうな??

 

っていうもの。

 

自分のことを、

 

自分じゃない誰かに、

 

しかも統計上の値で

 

 

「あなたはこういうところがあるのよ・・・うふっ」

 

「こういうところが良いところなのよ・・・うふっ」

 

「こういうところに気をつけましょうね・・・うふっ」

 

とか言われるわけで、自分も他人もわからない自分の内面がわかるとな。

(ボクは知らない人に言われるのがイヤなので脳内でグラマラスな女性に言ってもらったよ。)

 

 

もともと、ボク自身、誕生日占いとか動物占いとかも好きで。

 

 

まぁ、エニアグラムも『統計』ということには変わりないけれど、誕生日とか名前とかってさ、

 

自分じゃなんともならないじゃんね??

 

 

いや、思考も何ともならないけれどさ。

 

 

でも、自分で質問に答えることで

 

「わぁー!やってるぅー!」

 

って感じがするのが良い。

 

体感的には心理テストに近いもん。

 

 

やってみよう。

 

最近は本当に良い時代になったね。

 

https://www.shiba-miraisozo.com/ennea/typequestion/

 

すごいぞインターネット。 これ、無料で診断できるんだよ?

 

 

パないね?

 

 

よーし!! 早速やってみっか!!

 

オラ、ワクワクすっぞ!!

 

どれどれー・・・

 

 

診断ページ

 

180問・・・??

 

 

うん、一旦待とう??

 

 

ちょっとブレイクタイムしよ? お茶出す? あ、ポテチあるよ??

 

 

・・・180問とかさ、90の倍だよ?? 3の60倍だよ??

 

 

うわぁ・・・

 

 

いきなり面倒くさくなってきたなぁ。

 

 

しかも、これで『簡単診断ページ』っていってるんだ。 怖っ。

 

 

でも気になるしなぁ・・・

 

「20歳の頃の自分なら」

 

っていう縛りが地味になかなか難しい・・・

 

 

ほら、オレってヤツぁよ、刹那的に生きてるからよ・・・

 

過去のことは忘れちまうんだよなァ・・・?

(中二病ではない)

 

 

と言ってても始まらないし、割と適当に直感で問いに答えていくよ。

 

 

まだ半分も終わってない

 

ねぇ、ツラい。 ツライよぉ。

 

 

多すぎるなー。

 

こんなに沢山の簡単な質問に答えさせて何をさせたいんだ・・・。(自己診断です)

 

 

待ちに待ったゴール

 

 

やっと、やっと終わった・・・。

 

 

意気揚々と「診断する」をポチる。

 

なるほど・・・

 

恐らくなんらかのポイントが、

 

9つのタイプに振り分けられる

 

ってスンポーね。

 

 

焦らしよる

 

 

僕の場合はタイプ7がブッチギリ。

 

 

クリックして見てみると、

 

 

楽しさを求め計画する人

 

 

 

えーーーーーと・・・

 

 

旅行の計画を立てる大学生のリア充みたいな人

 

 

ってことかな・・・??

 

 

更にクリックすると、より詳しい性格やら性質、長所から短所までツラツラツララと書かれてて・・

 

 

一部だけど、こんな感じ

 

 

あぁー・・・へぇー・・・

 

ボクって楽天的だったのかぁ・・・

 

 

確かに楽天とかでよく買い物するもんなぁ・・・

 

 

なんてね。

 

 

いやいやいやいや!!

 

 

そんなさ、

 

 

1個やっただけでさ、

 

 

私のことを丸裸にしたと思わないで頂戴っ!!

 

 

ってことで。

 

 

http://shining.main.jp/eniatest.html

 

別のサイトでやってみたよ。

(懲りないヤツ)

 

 

こっちのは90問でさっきの半分で少なかったった。

 

うん、いいね。 いいよいいよ。

 

90でも多いけど、マヒしてきてるね。

 

 

まぁ、やったらやったで、

 

 

50問目辺りからメッチャ飽きてきてたけれど。

 

 

だって、180問やった後じゃんね??

 

合計で270問やってるってことじゃんね??

 

仕方ないじゃんね??

 

 

 

そうこうして頑張った結果

 

また焦らしよる

 

 

あ・・・あれ・・・??

 

タイプ7って・・・まさか・・・

 

ほぼ一緒

 

 

そっかぁ・・・

 

確かにカードも楽天だからなぁ・・・

 

 

結果 凄いよエニアグラム

 

もうね、

 

すっぽんぽん。

 

熟れた果実の皮を剥くかの如く、優しく丸裸にされてしまった。

 

いやん、もうお嫁に行けないわ

 

っってね。

 

 

『自分の強み』もそうだけれど、自分はどういう性格で、

 

『どこに気をつけて生きていけばいいのか』

 

ということを知るだけでも意識が変わってくるね。

 

 

なんというか、自分の適材適所を知れる・・・みたいな感じかな??

 

やって良かったエニアグラム!!

 

 

ただまぁ。

 

色々なサイトがあって、実際どれをやるべき?ってなると思う。

 

そんなときは、ボクが一番最初にやった180問のが良いよ。

 

別に大変だったからって道連れにしようなんて思っていないよ。

 

 

 

 

本当だよ?

 

 

▼エニアグラム(180問)▼

https://www.shiba-miraisozo.com/ennea/typequestion/

 

 

これね。

 

あ、念のためこっちも置いておこうかしら!

 

▼エニアグラム(90問)▼

http://shining.main.jp/eniatest

 

「エニアグラム」で検索したら一番上に出てくるのはこっち。

 

診断結果も、どちらかというとコッチの方が細かかったりして・・・。

 

だから、180問でやって、その結果をコッチで見るのでもありだと思う。

 

 

いや、本当に、道連れとかじゃなく、詳細がわかったほうが安心できるしさ。

 

 

ね?

 

 

だから、ボクと契約して180問のやろうよ。

 

 

 

まぁ、気楽にお茶でも飲みながらやってみて。

 

 

ポテチとか食べながらさ。

 

 

で、

 

 

こういうのってさ、

 

たぶん深層心理的なものだから、

 

 

「自分はこうじゃない!」

 

って言うのは押し込めて、

 

マルッと受け入れてみると楽しいよ。

 

 

じゃないとほら・・・

 

時間がね・・・無駄になっちゃうから・・・。

(できれば芸術家タイプが良かった人の戯言)

 

 

年明けのこのタイミングで、自分のことを客観的に知ってみるのも良いね。

 

とりあえず僕は、

 

 

楽天家らしく、楽天で何か買っておこうかな。

 

 

(おしまいっ)

コメント