ピーマンの「ピー」に隠されてる言葉って何なん?

スポンサーリンク

はい、出た出た出ましたよっと!!

 

わかってます、くっだらねぇこと言いおってということはわかってますから!!

 

それでもあえて言わせてください!!

 

 

「ピーマン」の「ピー」には一体何が隠されてるんだぁぁぁぁぁ!?

 

 

いやさ、だって、これあれでショ!? 放送禁止用語的なサムスィングでしょ!? 違うんかぁ?? おおん??

 

というか、そうでもそうじゃなくても、1回そうと思ったら、もうピーマンという代物が卑猥なものにしか感じられなくなってくるわけですよ!!

 

ピーマンだけじゃなく、「ピータン」とか「自己ピーアール」とか、「ラブ&ピース」とか・・・卑猥なものが溢れすぎでしょこの世界。 あーやらしいなぁ。 やらしいったらないよもう。

 

 

他にもさ、「コピー機」みたいに間にピーが文字と文字の間に入ってると、色々と妄想がね、できますよね??

 

「こ ピー 機」って、何なんだよ!! どんな機械なんだよ!! ってね!!

 

 

まだ、「ピーマン」とか「ピータン」とかは、そこはかとなくイメージできなくもなさそうだけどさ、一番困るのはこれですよね。

 

英語の「ピー(P)」

 

もう、言ってしまえば、これ単体が放送禁止用語だもん。 ただの「ピー」だもん。 何言ってるのかわかんないもん。

 

エー ビー シー ディー イー エフジー、

 

エイチ アイ ジェイ ケイ エル エム エヌ。

 

オー ピー キュー アール エス ティー ユー・・・

 

 

急に禁止用語ぶっ込んでるみたいになるもん。 意気揚々と歌ってたのに、急にだもん。 あーやらしいなぁ。 やらしいったらないよもう。

 

 

もう、これあれだよね、ムチムチな赤メガネで黒髪ロングの美人英語教師が、「P」を言うたびに男子高校生がハッスルマッスルだよね。

 

むしろ、何も知らない可愛い系の幼馴染(ちなみに髪型はサイドテール)とかに「ちょっとさ、ピーマンって言ってみて」って言って、キョトンとしながらも「ぴ、ピーマン・・・?」とか言われてみたいよね。

 

そしてその後にさ、何で言わせたのか理由を言って、「バッカじゃないの!?」って赤面されながらビンタを食らいたいよね!! ね?? ね!?

 

 

 

 

・・・え??

 

 

僕だけ??

 

 

・・・。

 

 

ま、まぁ、

 

こーんなくだらないことでも楽しめるなんて、

 

 

とんだハッピー野郎ってことで!!

 

 

(おしまいっ)

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
ただの雑記メイン
シェア!シェア!シェア!
フォロー!フォロー!フォロー!
イワターテインメント

コメント