信念と座右の銘

スポンサーリンク

岩田です!

 

いきなりですが、あなたには「信念」とか「座右の銘」ってありますか?

 

僕はね、

 

あるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!

 

めっちゃあるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!

 

いや、めっちゃはないな。 ウソついた。

やっぱりさ、役者というか表現者というか、そういうものを目指していたら人様から聞かれることもあるわけです。

 

ちなみに、僕は今まで「信念イコール座右の銘」って思っていたので、1つだけでしたが、どうやらそうじゃないらしい。

 

信念と座右の銘の違い

 

・信念

それが正しいと堅く信じ込んでいる心。

 

・座右の銘

常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉。

 

 

こんな感じです。

例えるなら、信念が土とか地面だとして、座右の銘がそこに生えている1本の大樹みたいなもんですかね?

 

簡単に言えば、信念は生き様、座右の銘は意気込み、って感じ。

 

今までの座右の銘

モットーとも言いますが、今まで聞かれたら

 

「人に楽しんでもらって自分も楽しむ!!」

 

と答えていました。

 

本当は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」みたいに、どこかリズミカルでありつつ、大人びた謙虚の塊みたいな言葉を選べたら凄い人柄が良い人みたいな見られ方をするんだろーなーとか思ってたんですが・・・

 

ウソはつけませんからね!!

 

いや、ウソってのもおかしいんですけど!!

 

ガッツリと「これがワイの座右の銘や!!」って思い始めたのは、高校3年の卒業前くらいからでした。

 

それを元に今までの人生をふらふらと楽しんで歩いてきたわけですな。 ありがてぇありがてぇ。

 

 

しかぁし、ここでアップデート

はい、アプデが入りました。

今はPCとかスマホだってアップデートする時代ですからね!!

そりゃ座右の銘くらいアップデートされますよ!!

 

といっても、別に何かを見たり聞いたりして「お、この言葉良いな!」って思ったわけではなく、ぼっけ~~~としてるときに、ふっと頭によぎった言葉が何か良かったのでこれにしました。

 

「倒れるときは前のめり」

 

これ良いなぁっと思って、検索してみたら、有川 浩さんという方がこのタイトルまんまの本を執筆しておりました。

 

記憶にはないけど、どこかで見かけたのかしらん??

 

 

ま、それは置いておいて、これを今の歳になってから言うのって良いなって思うわけですよ。

 

いい大人にもなってくると、やっぱり倒れ方とか転び方を学ぶから、痛くないように背中とか尻から行く方法とか知ってるもんじゃないですか。

 

自分が傷付かないで済む方法、みたいな?

 

嫌な感情から上手く逃げる方法、みたいな?

 

個人的にはどーしても嫌なことならバンバン逃げれば良いじゃん!的な考えも持ってるので、「逃げるなバカタレェー!」ってことでもないんだけど、それでも逃げ方も前のめりで行きたいよね!!

 

「くっそーーー!覚えてやがれ!!」じゃなくて、「やーいやーい!お前の母ちゃんエトセトラー!」みたいな? 感覚的にね? 意味わかんない? 僕も。

 

そして信念

はい、ここに今までの座右の銘であった、

 

「人に楽しんでもらって自分も楽しむ!!」

 

をぶち込みました。

 

やっぱり、自分とどんな形であれ関わりを持つなら楽しんでもらいたいし、楽しんでもらうだけで満足!キミの笑顔が僕の葉緑体さっ!なんて聖人君子でもないので、もちろん自分も一緒に楽しみたい!!

 

他に自分の信念に見合うものがなかなか出てこないというか、もはや知らず知らずの内にこの生き方になっているので、もうこの呪縛からは逃れられませんし、逃げようともしません。

 

まぁ、もし億が一、逃げるとしたら、

 

「やーいやーい!お前の母ちゃんエトセトラー!」

 

って言って逃げますけどね。

 

(おしまいっ)

スポンサードリンク

スポンサーリンク
メイン持論の主張
シェア!シェア!シェア!
フォロー!フォロー!フォロー!
イワターテインメント

コメント