お味噌汁でのファスティングを1週間した結果 その3

スポンサーリンク

岩田です!

 

3回に分けたファスティング記事も今回でラストです! まさかここまでになるとは・・・

 

▼ パート1はコチラ ▼

お味噌汁でのファスティングを1週間した結果 その1
岩田です! 今日の朝は寒くてもう冬到来かーって感じですね!! なので、先々月の末あたりにやったファスティングのお話をしようと思います!! ・・・え?? 寒さの話?? 全く関係ないですよ何言っ...

▼ パート2はコチラ ▼

お味噌汁でのファスティングを1週間した結果 その2
岩田です! いや~、朝は寒かったから着込んできたら暑くて汗ダクですわ!! なので、今回は前回書いたファスティング記事の続きを書いていきますね!! ▼ パート1はコチラ ▼ ...

 

 

それでは張り切って参りましょう!

 

 

岩田のファスティング日記(続き)

前回、3日目で身体が若干軽くなった気がしていたのと、お腹が引っ込んできておりました。

しかしながら、体重計を持っていない僕は、完全なる感覚でのものだったのです。

 

ってことで、その続き!!

 

※今回のファスティング、通常は「酵素ドリンク」と「水」で行うものを「薄めたお味噌汁」と「水」で行っています。

 

ただでさえ、なるべく専門家に指導してもらいながら行うべきなので、マジのマジのマジで、安易に真似はしないでください!

 

岩田は過去にどうしてもお金がないとき「ダンボールしゃぶしゃぶ」や「ティッシュのおひたし」で飢えを凌いでいた経験があるので、そういった耐性がついているのだと思います。

 

4日目

ファスティング4日目、断食期間3日目。

 

ここら辺になると、フワフワのレベルが上がり、それとは逆に空腹の攻撃力が下がってきます!! 頭がぼーっとするけど、全然お腹は減らない!!

 

頭のぼーっとするのは低血糖になっているのでしょうけど、まだ気持ちが良い感じもして大丈夫だったので特に危惧するわけでもなく、この日も味噌汁と水をゴクゴクしていました。

 

※ファスティング中に低血糖でヤバイという人は、蜂蜜か黒飴を舐めると良いみたいです。

 

ただ、味噌汁の味に飽きてきたので、たまに白湯を飲むということをしました。 無味無臭のはずなのに染み渡る・・・。

 

体調・・・前日よりもフワフワと眠気、ダルさがヤバイ。何がヤバイって、ヤバイしが言えなくなるくらいヤバみがヤバイ。語彙力を失うレベルだけど「ファスティングにチャレンジしている自分」に酔いしれることで自我を保つことに成功しました。

空腹・・・ここら辺になると、お腹が鳴ることもなく、空腹を感じることも少なくなり、なんなら胃が小さくなってるのがわかってきました。

一言・・・

「えっ・・・白湯、うっま!!・・・うっっっま!!!」

 

 

5日目

はい、断食期間としては4日目です!

 

3日目もそうだったんですが、寝起きが「スクッ・・・」って具合に普段よりも良い目覚めになります。

 

そして寝起きの身体のフワフワ感が何か懐かしいなぁーなんだろーなぁーと思ったら、小さい頃の寝起きがこういうフワフワ感だったのを思い出しました。 気持ち良い。

 

普段は寝起き後の10分くらい使い物にならない僕ですが、ウダウダすることがなくなりました。 そのときは恐らく色々とハイになっていたんだと思います。

 

しかし、ここで悪い意味での転機が訪れました。

 

この日の午後辺りからフワフワがフラフラに変わり、あれれー?おかしいぞー?みたいなことになっていたので、はてさてどうしようかと思いまして。

 

それでも、朝、昼、夜と味噌汁&水を飲み、あと2日だぁーと自分を鼓舞させていました。

 

しかし、この日、「銭湯だったら生まれたままの姿で体重計に乗れるんじゃね?うは!オイラ天才!」というナイス思いつきで、銭湯に向かい、体重を量ったところ、

 

60kg

 

Oh・・・。

 

この短期間で5Kgも落ちてーら。

 

やっぱり身体が軽くなったのはマジだった・・・。 というか、この短期間で落ちたから感覚的にわかるレベルだったんじゃないかという・・・。

 

 

体調・・・どうころんでも不調。何も聞こえない(言われても理解できない)。何も聞かせてくれない(語彙力がゴミ)的な、まさに壊れかけのレディオ状態。

空腹・・・胃ってあったっけ?レベルの空腹の無さ。空腹だけで言えばこのままずっと味噌汁と水があれば生活できるとさえ思えてくる。

一言・・・

「この減り方が流石にヤバいのは馬鹿なオレでもわかる!!!!」

 

ってことで、6日間やる予定だった断食の中断を決意しました。

 

怖くなったので、この日の夜に重湯(お粥を更に煮て、もはや原型が無くなってる物)を作り、少しだけ胃に入れました。 行き当たりばったり過ぎる。

 

翌日からは回復日として、徐々にお腹を慣らしていきます。

 

 

6日目

回復日1日目

 

朝は前日に作った重湯と、薄めた味噌汁を食べました。

 

ビックリしたのは考えたら当たり前なのですが、少しでお腹いっぱいになったこと。

 

あと、よくファスティングをした人が

 

「終わった後に食べる重湯が凄い美味いんだぁ」

 

みたいなことを言ってたり記事で書いてたりするのを聞いたり見たりしたことがありますが、

 

ぜんっぜん、まったく、皆無中の皆無で僕は無かったです!!

 

ただ、

 

「あーーー!お米の甘みってこうだったこうだった!懐かしいなぁ!」

 

っていう感想は出ます。 え、まさかこのこと?

 

そしてお昼は、作りすぎたため重湯の残りを朝の倍(それでもドンブリ1杯ほど)は食べ、味噌汁にとろろ昆布を入れて食べました。

 

これだけしか食べてないのですが、夜ご飯の時間までお腹が減ることはなく、夜も最後の重湯と、味噌汁にお麩ととろろ昆布を入れて食べました。

 

体調・・・前日の夜に重湯で糖質をとったからなのか、理由はわからないけど、起きたときの不調はなかったです。日中も問題なく活動できるくらい。

空腹・・・空腹感は感じるようになります。特に夜ご飯の前くらいになると、お腹が鳴り始めました。懐かしいぜこの音色。

一言・・・

「待たせたな!胃よ!」

 

 

7日目

回復日2日目。

断食期間を4日設けたため、4日間は回復日としてお腹を労わりながら食事を続けなければなりません。

 

が、しかし。

 

岩田はバカなので、この日の夜に飲み会を入れていたことをすっかりと失念。

 

バカスカに飲んで食べてしまったわけですな。

 

 

体調・・・絶好調も絶好調!身体は軽いし何か集中力が増した気がする!

空腹・・・いつもの感じ!お腹はすくし喉も渇く!

一言・・・

「ごめんな!胃よ!」

ちなみに、バカスカに食べた報いは、帰宅後の腹痛で受けました。 そりゃそうだ。

 

今まで休めてた胃に急に負荷をかけるんだもの・・・準備運動なしでフルマラソンするようなものだもの・・・。

 

 

 

まとめ

初めてのファスティングをオリジナルでやろうとするのは本当に危険なんだなぁと思いました。

 

あと、回復日の2日目にバカスカ食べてお腹を下しましたが、3日目と4日目は蕎麦とかうどんとかを食べて、調整したところ、体重は変わってません。

 

ちなみに、やりがちありがちなのですが、ダイエット目的でやった場合、目標の日なり目標の体重なりを決めてやると思うのですが、終わったからといって、我慢していたものをバカスカに食べるとリバウンド一直線のようです。

 

っていうのを、2日目の暴飲暴食をした後の腹痛時に調べてわかったのもあり、そこから向こう2日は質素な食事に切り替えて、そこから更に1週間は質素+アルファくらいの食生活をしていました。

 

その結果、あれから約2ヶ月たった今の体重は

 

59Kgジャストです。

 

なんとか保ってるーーーー!! どころか少し減ってるーーー!! いえーーーい!!

 

 

そうそう、ファスティングが終わってから体組成計を購入したので、ここから体重は維持しつつ、筋肉量を増やしていきたいと思います!!

 

 

あ、最後にもう1回・・・

 

 

この方法は絶対に真似したらダメです!! どうしてものっぴきならない事情でやらなければならないとかであっても、個人でやるのであれば自己責任でお願いします!!

 

 

(おしまいっ)

コメント