「ありがとう」への「ありがとう」

オレってさ、ネガティブが一周回ってポジティブに感じられる人間なのね?

 

「どういうことだってばよ?」って人に説明すると、

 

例えば、友達と遊ぶ約束をしたとするじゃん?

 

まずはドタキャンを疑うっていうレベル

 

失礼だぁ!?うるせぇ!お前、こちとら今までに何回ドタキャンされたと思ってんだ!!

 

「ダルいからやめよ」

 

ふざけんなバカタレ!!!遊ぶ楽しみを返せチクショウが!!!

 

 

こほんっ…。

 

でもさでもさ、ドタキャン前提で当日までいるもんだから、実際に遊べるってなったらそれはもう

 

「マジ!? 遊べんの!? 最高じゃん!!」

 

ってなる。笑

 

ちなみに、これは誰もがそういう部分あると思っていて、

 

物事を「多く見積もる」「少なく見積もる」とか、

なんなら「好きな食べ物を後に食べる」とかね

 

ま、そのことは置いておくとして……

 

 

そんな感じで、今までにあったこととかも全部加味した上で今の性格になって、だからこそ自分の言いたいこととかを言ってやりたいことをやって自由であろうとしてるところもあるわけで

 

 

だから正直、自分発信で人に何かをして「ありがとう」って言われるわけないって思ってるわけで

 

というか、お節介で心配性だから、自分で勝手に色々としちゃってるだけだから、それに「ありがとう」をもらうのもオコガマシイ……

 

でも、きっと同じような人っていると思うし、そういう人間って絶対に気遣いとか優しさに気付いてくれるはずなんよ!!

 

だから、オレは多分これからも「ありがとう」って言われたら「ありがとう」ってなると思う

 

 

うんち ぶりぶり

(イイハナシッポカッタノニナァー)